トップ > 手にする > 版画

手にする

版画詳細

商品詳細

(木版画)空飛ぶ円盤の親子を見ているコブラの親子、それを見ている星の親子

商品価格 : 57,651 円(税・額装・送料込み)

 一番最初に彫られた、木版画の処女作です。
 不思議なモチーフの組み合わせですが、見る者の想像力をかき立てる、不思議な魅力に溢れています。
 星、円盤、コブラと、それぞれこの位置以外には考えられない配置で、完璧な構図を構成しています。
 また、4つの星のうち、1つだけが黄色であったり、円盤とコブラがピンク色で呼応するなど、卓越した配色センスを感じさせる作品です。
 ちなみに、ピンクのコブラは円盤の光を浴びて、ピンク色になったそうです。
 
 これまで、深見先生は、木版画に関しては全く興味がなかったそうです。
しかし、彫刻刀の使い方など、版画の先生から基礎的なことだけ教わると、いきなり下書きなしで彫り始めたそうです。
 目をキラキラ輝かせ、夢中になって彫っておられたそうです。
 普通の人は構えてしまったり、下書きの段階で迷いが生じたり、なかなか始められないそうです。版画の先生も、「こんなに自由に彫り始める人はいない!」と驚いていたそうです。
 
 今回ご紹介するのは、その記念すべき、深見先生初の木版画です。   どの作品も、何ものにもとらわれない、深見先生の自由な発想と瑞々しい感性に満ち溢れています。



版画技法:木版画
額装サイズ:額装タテ475 mm×ヨコ 390mm  画のサイズタテ298mm×ヨコ225mm
限定100
本体価格 52,381円
税(8%)込価格 56,571円
   送料  1,080円

合計金額 57,651円 (8%税、額装、送料込み)


申し訳ございませんが、完売いたしました。

額のアップ

額は、額の老舗「シライ」の本額縁を使用しており、高級感溢れる仕上がりとなっております。
額の色は古来より日本人の慣れ親しんだ「うるみ色」ですので、日本人の心に深く染み入ることでしょう。

関連商品この商品を買った人はこんな商品も買っています

一覧へもどる

ページトップへ